FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どたばた国内線!

Vol.131 どたばた国内線! 17th, Aug, 2013

P1010454 (500x375)


まれい!

最近、体の調子がよい、りおしです。

今週は、ヨガ教室に週3通って、体も気持ちもすっきりです。

ブログアップに、少し間があいてしまいました。

先週は、Okra普及projectで、'Eua島へ行ってまいりました。
'Eua島の第2弾です。詳細は、後日、書きたいと思います。

今回の遠征では、国内線が荒れに荒れていました!
いったいどうなってるんだと叫びたいくらいに。

そもそも始まりは、'Eua行きの飛行機から始まりました。
今回は、4人で出張へ行ったのですが、カウンターへ行くと、

「2人の名前がリストアップされていない!」

名前が載ってないから、午後に乗ってくれと言われ、
ちょっ、待てよ!とキムタク風に突っ込みを入れ、
チケットには、きちんとその日の便が記載されているのに、
どういうことだ!と。

完璧、相手のダブルブッキング。

でも、文句を言ってもしょうがないので、
午前中にワークショップがあるからどうしても行きたいと言い、
なんとか交渉を続けて、最後はパイロットの判断に任せられ、
パイロットが「OK!」と言ってくれたので、なんとか乗ることができました。

ちなみに、いつのまにか出発時間が1時間遅くなってたしね。

そのおかげで、小さい飛行機は、満員御礼で、客席に乗りきれないので、
私が、副操縦席に座るということになりました!
しかも、ヘッドホンまでして、マイクを通してパイロットと会話して、

気分は完全パイロット気分でした♪

よい体験をさせてもらいました!
飛行機からクジラも見えたしね!!

続いては、'Euaの帰りの便でのこと。

予定通りに日程を終え、空港へ行って、体重計って、チケットを発券してもらい、
飛行機を待っていました。フライト時間になっても、飛行機は来ていなく、
遅れてるんだなと、いつものことなので気にしていなかったが、
急に、待っていた人たちが、ぞろぞろと帰り出した!
えっ!?どうしたの?と、周りを見まわしたら、知り合いのトンガ人が、

「キャンセルになったよ」

と教えてくれました。

いやいやいや、おれは明日の朝一の便で、Vava'uに帰らなきゃいけないのに。
飛行機会社に問い合わせると、明日のVava'u行きの飛行機は、すべてキャンセルということに。

あとから入った情報ですが、飛行機が故障したとのこと。

そんなこんなで、次の日の朝便で、'Eua島からTongatapu島へ戻ったが、vava'u行きの便は確定しないまま、
土曜日を迎え、結局、Vava'uには月曜の午前便で、帰りました。

今回は、日程以上に疲れた遠征となりましたとさ。

ちゃんちゃん。

帰国まであと37日。

りおし。
スポンサーサイト

クリスマスの過ごし方in Vava'u

Vol.91 クリスマスの過ごし方in Vava'u 27th, Dec, 2012

Merry Xmas!!!

みなさんはどんなクリスマスを過ごしたのでしょうか?

私は、相棒Niliの村へ行き、Home stayをしてきました。

Niliの村は、家から自転車で約40分ほど離れたところにある
Taneaという村です。

ヤシの木や放牧されている牛、タロイモ畑などの南国チックな風景を横目に見ながら、
アップダウンのある道を走り続けます。車がたまーに、通り過ぎる程度なので、道路を
貸切にしている感じがして、心地よいです。
村の入り口には長い坂があって、そこをノーブレーキで走り抜けるのがスリルがあって最高でした!

さて、トンガのクリスマスはどんな感じかと言いますと、

24日(クリスマスイヴ):キリストの生誕劇。(子供たちが演じる。)

25日(クリスマス):0時、教会で歌を歌う、各家庭を周り、歌を歌う。
          10時、教会でお祈り。
          お祈り後、トンガ料理「ウム」を食べる。
          15時、教会でお祈り。

という流れになります。

イヴとクリスマスの0時の歌以外は、普段の日曜日と変わらないです。

なので、クリスマスを感じたいので、

「キリストの生誕劇」と「クリスマスの0時の歌」

は体験しようと思いました。

24日の夜に、ホールに集まり、子供たちが「キリストの生誕劇」を演じてくれました。
ただ、どのへんが生誕劇だったのかは、わからなかったです。
劇の後に、教会から子供たちへクリスマスプレゼントがありました。
もらったらすぐに開けて、おもちゃや人形が入っていて、そのおもちゃで遊んでました。

その後は、Niliの家へ戻り、0時のイベントに備えて就寝。

が、しかし、教会からの歌声で目が覚め、時計を見たら
0時半でした。 そこで、がんばって起きればよかったのですが、
眠さに勝てず、そのまま寝てしまいした。
Niliも爆睡でした。

朝、目が覚めたのは8時過ぎでした。


クリスマス当日は、ウム料理を手伝い、教会へ行き、ウムを食べて、
寝て、そして、また15時のお祈りは寝過ごすという、同じ過ちを再び繰り返しました。
その時も、Niliも爆睡でした。

クリスマスならではの、イベントを寝過ごしてしまうという
とても残念な結果になってしまったクリスマスでした。

それにしても、よく寝たHome Stayでした。

まさに、Home Stayだなと思ったりおしでした。

kaipola(カイポーラ)

Vol.70 kaipola(カイポーラ) 10th, Aug, 2012

昨日は、久しぶりに1日雨が降り続いたVava'u。これで、野菜たちも水分補給できたことでしょう!
一気に生長するね!

そんな中、相棒のNiliが、「おれの村でカイポーラがあるからおいで!」と言ってくれたので
今日の午後から、Niliの村を訪問してきました。

カイポーラとは、教会が主催する日本でいう大宴会みたいなイベントで、大量な食事が用意されます。

豚の丸焼き、オタイカ、サパスイ、フライドチキン、たこの和え物みたいなもの、山芋、タロイモなど
のトンガ料理とジュースやお菓子、ケーキまでがずらっとテーブルの上に並びます。
それをみんなで食べながら、代表者の話を聞くという感じで行われます。

料理は、各家庭で料理したものを寄せ集めて用意します。
だから、カイポーラの時は朝から各家庭で料理するので、カイポーラの時は仕事を休みます。

Nili曰く、「カイポーラは寄付金を集めるために開く」ということです。

その言葉通り、カイポーラの前に、教会で寄付金集めが行われてました。
これがおおっぴろげなシステムで、村の偉い人が、かごを持って、前に出て

「みんなの助けが必要です!」と言って、

村人たちが、前に出て、かごの中にお金を入れていく。そして、偉い人が寄付してくれた村人の名前と寄付した金額を言っていくというものなんです。
そして、寄付する人がいなくなったら、現在の寄付金の額を言って、再び、同じようなことを何度も繰り返していました。記憶があいまいなんですけど、2時間近くは、それをずっとやっていたと思います。
うーん、こうやって1年間の教会の運営資金を集めてるのか。それにしても、同じ人が何度も何度も寄付していたので、そのお金はこのためにとっといていたのだろうか。恐るべし、信仰心。
普段、お金をあまり持ってないNiliも、結構な金額を寄付していたもんなぁ。
ちなみに、おれも少額ながら、寄付させていただきました。

その後にメインイベントのカイポーラが、行なわれ、お腹いっぱい食べさせていただきました。
それにしても、周りのみんなが親切なこと。「いっぱい食べろ!」「これ食べる?」とどんどんすすめてくれました。おかげで気兼ねなく、食べることができました。大好物の「オタイカ」をお腹いっぱい食べました♪

そして、極めつけは、「これ持って帰りなよ」とたくさんの食べ物やジュースをおみやげに持たせてくれました。
一人では、食べきれない量だったので、MGのSitaにおすそわけしました。

楽しい体験させてもらったなぁ。
Malo aupito!(ありがとう!) Nili mo Tanea(村の名前) の人々。

Outer islandsz(離島)

Vol.59 Outer islandsz(離島) 14th, July, 2012

もう2週間近く、まとまった雨が降っていないババウ。
そろそろ雨が降ってほしいなぁと思いつつ、最近過ごしております。
今日は土曜で休みだけど、夕方は水やりに行ってきました。

今日は、朝から夕方まで、ババウのOuter islandsへ行ってきました。
今、ババウでは太陽光のパネル(ソーラーパネル)を各離島に設置するというプロジェクトがあります。そのため、日本のコンサルタントの方と工事現場を取り仕切る会社員の方が来ており、今はパネルを設置する場所をマーキングするために各離島を周っています。

今回は、そのプロジェクトに特別に同行させてもらう形で、離島へ連れていってもらいました。

なぜ、ぼくが離島へ行きたいか、きちんとした理由があります。

「離島で野菜を育てているのか?」

このことを知りたくて、離島へ行ってきました。
今回は2つの離島へ行ってきました。

「LAPE島」と「NUAPAPU島」です。

他のスタッフがマーキングをしている時に、野菜について興味を持っていそうな人を探して、数人に話しかけていました。
情報を整理すると、2島とも野菜は作っていない。栽培しているのは、タロイモやマニオケ、ペレと呼ばれるポリネシア特有の野菜だけである。
そんで、野菜は食べるのかと聞くと、「食べる」との返事。
どこで買っているのと聞くと、「街だよ!」との返事。この街とは、メインアイランドのマーケットのことを指しています。そう、ぼくたちが育てた野菜を売っているマーケットです。そこまで、来ないと野菜が手に入らないのです。船で、1時間弱かかるところにこの2つの離島は位置しています。毎週金曜日に船が出て、買っているよとのこと。
ひとりのおばさんは、「野菜の苗がほしい」と言っていました。

野菜を育てることができれば、おもしろそうだなと思いました。
このことは、2人が帰ってきたら話してみようと思います。

夕方、水やりをしていたら、グリーンハウスの近くに住んでいるVYCの代表者が野菜を買いに来た。
そしたら、「自分でトマトを育てたいと思うので、植える準備ができたら、苗を買いにくる」と言いました。
出来の良いトマトを見て、育てたいと興味を持ったみたいです。

やっぱりトマトが好きなんだなぁ、トンガ人。

水シャワー。

Vol.54 水シャワー 8th,July,2012

昨日は7月7日で七夕でした。
だが、Vava'uはあいにくの空模様で星を見ることができませんでした。
残念。星に願いを込めたかったのですが、来年に期待しましょう。

さて、トンガというと南の島なので、一年を通して暑いと思っているそこのあなた!
そんなことはないのです。長袖、時には厚めの長袖やフリースが必要になる時期があるのです。
5月から8月頃までは、朝晩がとっても冷えます。いわゆる、冬の季節です。
そう、トンガは南半球に位置しているので、日本とは季節が逆になるのです。

5月から朝晩が寒くなり、水シャワーを浴びるのがきつくなってきました。
あまりにも寒い日は、お湯を沸かして、タライに貯めて、そのお湯を少しづつかけるという方法をとっていましたが、手間がかかるのでやめました。
そんで、あまりにも寒い日は、シャワーを浴びない日もありました。
だけど、やはり体も気持ちもすっきりしないので、どうにかして浴びようと考え、体が温かいうちに浴びれば、大丈夫ということで仕事終わりにすぐ浴びるようにしています。

では、仕事が無い日はどうしてるかって!?

そう、最近思いついたのが、水シャワーを浴びる前に、「筋トレ」をするようになりました。
腕立て、腹筋をして体が温かくなったら浴びるというのが日課になりつつあります。

冬の間は、体が鍛えられて、スッキリできて、一石二鳥ですな♪
何事もプラスに考えていきましょ!

プロフィール

faka liosi

Author:faka liosi
LiosiのVesitapoloの世界へようこそ!
青年海外協力隊(平成23年度2次隊)として、トンガ王国・Vavau島で有機農業で野菜を栽培しています。
目標は、循環型農業の実践と野菜を広めることです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。