FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取材(interview)

Vol.32 取材(interview) 28th, Jan, 2012

IMG_8978_convert_20120128070151.jpg


今週は、雨の日が続いたVavau。
なかなか思うように農作業が進まなかった。
だけど、体調も芳しくなかったので、ちょうどよかったかもしれない。

24th, pakchoi定植。
26th, 除草。草刈り。
27th, ルッコラ間引き、収穫。レストランへ営業。

そんな中、取材を受けてほしいとJICAの事務所から連絡があった。
トンガの新聞社が何かの大きなイベントの取材でVavauへ行くから、JICAの活動の取材をお願いしたとのこと。

おぉー!これは、野菜のことをアピールできるチャンスだ!

取材は、green houseまで来てもらい、野菜たちを見てもらった。
ルッコラを試食してもらった。(食べた記者は「spicy!」と言っていた。)
今、育てている野菜を紹介した。
トンガは生活習慣病が深刻な問題になっているから、それを予防するのに有効な野菜を食べてほしい。
有機農業で野菜を作っていて、それらのことをトンガ人たちにも伝えていきたい。
いろんな野菜を知ってほしい、様々な野菜の食べ方を伝えたい。

ということを話しました。

どんな記事になるのか楽しみです。

*トンガ在住の方へ。
新聞社は[Taimi]と[Talaki]になります。来週の月曜に載せると言っていました。

記者の人たちは、「オクラ」が気にいったみたいで、やたら「okura」と言ってました。
スポンサーサイト

日本食。

Vol.31 日本食。 23rd, Jan, 2012

P1237065_convert_20120123175421.jpg


malolo(休息)後、一時的に体調は回復したが、本調子とまではいかず。
しかも、最近は夜が肌寒く感じるようになり、自分の体がうまく適応していない。

体調管理気を付けないとね。

そんな中、
     19日(木)収穫。堆肥用の草集め。
     20日(金)人参播種(4th)。ミズナ播種(4th)。パクチョイの片づけ。畑に鶏糞散布。
     土日は、休み。(良い感じに雨が降ってくれた♪ので水やりせず。)
     23日(月)は、パクチョイ定植準備。人参の除草。

をやりました。
年末に播いたパクチョイが順調に生長して、定植できる大きさになったので明日定植します。

そして、今日は日本を離れはや約4か月。日本を離れてから、初めて「納豆」を食べました♪
この納豆は、任国外でNZへ行ってきた先輩隊員T一さんがおみやげとして買ってくれたものです。

早速、今晩いただきました。畑から、小ネギを収穫してきて、小ネギと共に。
やっぱり納豆にはネギを入れないとね!そこにはこだわります。
いやぁ、とっても美味しかったです。4か月ぶりの納豆は体に染みこみました。
これで、少しの間はがんばれそうです。

この場を借りて、感謝の言葉を述べさせていただきます。

「T一さん、ありがとうございました。」




きゅうりの収穫、そして、Malolo

Vol.30 きゅうりの収穫、そして、Malolo

P1160038_convert_20120118175626.jpg


16日(月)、きゅうりが収穫できました!
定植してから約1か月。きゅうりは、勢いよくぐんぐん生長していきました。
やはり気候があってたのかな、他の果菜類を追い抜き、果菜第一号の収穫となりました。

収穫したきゅうりは、マーケットに出荷せず、近くのfalekoloaのトンガ人のお姉さんが、

「きゅうりと人参が収穫できたら教えてね。」

と言われていたので、早速持っていきました。

その日は、トマト、きゅうり、キャベツの追肥。オクラ、小ネギ、キャベツの除草。
堆肥小屋周りの草刈り。水やり。をしました。

この日は、夜7時過ぎまでかかってしまい、暑かったということもありなんかとても疲れを感じ、帰路につきました。

そしたら、翌朝、「体がだるい。」と感じ、なんだか動きたくない感じだったけど、とりあえず畑へ行ってみた。
でも、何もする気になれず、きゅうりとオクラを収穫して帰る。
MGに今日は休むと連絡し、家で安静にしました。

先週に慣れないことをした(販売先の話し合いなど)、前日に暑いのにあまり水分をとらず作業したこと、今後についていろいろと考えすぎていたことが重なって、体調が悪化したのかなと思いました。

「体調が悪いのは休めのサイン」

私が好きなフレーズで、「神様がくれたロングバケーション」というフレーズがあるんですが、あ、あなた今気づきましたね、そうこのフレーズは、ドラマ「ロングバケーション」の中で言われた言葉なのです。
瀬名君が手のケガをして、ピアノが弾けなくなった時のセリフです。
このセリフが好きで、ことあるごとに使ってきました。

野球でケガをしてしまったとき。
仕事を辞めて時間ができたとき。
体調を崩して寝込んだとき。

そう、これらは休めのサインなのです。
今回も、きっと神様が、「ちょっと休んで、それから考えなさい、行動しなさい」と思ったのでしょう。
確かに、良い休みとなり、心も体も、すっきりして、明日からがんばろうという気持ちになりました。

体調が悪いときは、無理をせず休んでくださいね。

'eva

Vol.29 'eva 15th, Jan, 2012

P1150035_convert_20120115171232.jpg


今日は日曜日。

トンガの日曜日は街全体が静まりかえり、聞こえるのは教会からの鐘と賛美歌の歌声だけと言っても過言ではないくらい、音がしない日である。



トンガでは、法律で日曜日は働いてはいけないと定められており、多くの人が教会へ行く。そのため、普段にぎわっている街中も日曜日はひとっこひとりいなくなり、ゴーストタウン化する。夕方になり、涼しくなると、教会帰りの人や子供たちがちらほら街中に見えるくらいだ。

「何もしてはいけない日曜日。」

私は、トンガのこのルールに従おうと思い、日曜日は極力何もしないように生活している。
部屋のそうじ、洗濯は土曜日にやっておく。
基本は家にひきこもり、読書、映画鑑賞、ネット、仕事の週のプランをおおまかに立てたり、眠くなれば寝たりとまったり過ごしている。

そして、夕方涼しくなったら、気分転換に外へぶらっと散歩をし、近くのおしゃれなレストラン(日曜日でも数軒やってるところがある。)でコーヒーを飲み、ぼーっとするというのを定番にしようと思う。

今日は、愛犬タイガとマーケット前の海のベンチでぼーっとしてたら、少し離れたベンチに座っていた若い女の子が、「こっちへ来て!話しよう!」と誘ってくれたので、いわれるがまま彼女のもとへ。

「トンガ語話せる?」「どこに住んでる?」「名前はなんていうの?」

という定番の会話の後に私が

「トンガ語教えてよ!」と言うと、快く「OK!」と言ってくれ、トンガ語教室スタート!

おれが普段よく使うワードを英語で聞き、彼女がひとつひとつトンガ語に訳してくれ、ノートに書いてもらった。
彼女の名前はkalo。19歳。兄、弟、妹といっしょに来ていて、弟と妹は海で遊んでいた。途中、お兄さんもレッスンに参加してくれた。二人は、日本語を少し知っていて、自分の名前をひらがなで書いて披露してくれた。

「どこで日本語を習ったの?」と聞くと、「ババウ高校!」との答え。

そう、ババウ高校では、日本語教師のJVが日本語を教えている。(Japanese weekが開催された高校。詳細は、過去の記事にあります。)卒業しても、日本語を覚えていることに感動した。

そんな感じで、トンガ語を教えてもらい、とっても楽しいひとときでした。
こういう出会いって、良いですよね♪
来週も'eva(ぶらぶら)したいと思います♪

P1150030_convert_20120115171838.jpg

Someday good, Someday bad

Vol.28 Someday good, Someday bad 13th, Jan, 2012

P1117020_convert_20120113172234.jpg



暑い日が続いています。in Vavau。
お昼頃から4時頃までは、日射しがとても強く、作業してもすぐにばててしまうので、日中は事務仕事をしたり、休んだりして過ごしています。朝と夕方がとても涼しくて、作業しやすいです。
特に朝は、空気が澄んでいてとてもすがすがしいです。朝7時には畑へ行って、野菜の収穫をしています。

11日(水)は、収穫。草刈り。ロータリー。播種準備。
12日(木)は、収穫。人参播種(2nd)。生姜と茗荷を定植。

今回定植した生姜と茗荷は、先日、任期を終え、日本へ帰国されたSVの方から分けていただきました。
このSVの方は自分の庭でいろんな野菜と花を育てていました。
大切に育てていきたいと思います。

さて、販売先を確保してからは毎朝収穫をし、マーケットへ出荷しています。
毎朝、野菜おばさんが車で取りに来てくれ(時間通りには来ないけど。)、前日の売り上げ状況を確認し、売上金を渡してくれます。
おばさんがきちんとノートに細かく記録し、説明してくれているので、安心して任せられます。

11日、12日と順調に野菜が売れ、おっ!野菜は出荷すれば売れるものなんだねと自信を得た矢先、昨日は全然売れてなかった。ほぼ売れ残り。
それを聞いたとき私は愕然とした。私の落ち込んだ様子が伝わったのか、それを見たおばさんが

「Someday good, Someday bad」

と言ってくれた。

その時、はっとした。
変に自信を持っていた自分がいた。
野菜は売れるものだと決めつけていた自分がいた。
何でもうまくいくと思っていた自分がいた。


そんなことはない。

野菜おばさんから言われた時、その言葉が心に響き、妙に納得できた。

「いい日もあれば悪い日もある。」

そういうことなんだよなぁ。

やはりその道の経験値の高い方の言葉は心に染みます。

あーだこーだ考えずに、目先の結果にとらわれずに、

今は前を向いて歩み続けていくしかないね♪

一歩づつ歩いていこう。

写真は、現在収穫できている野菜たち。
左から、パクチョイ、ミズナ、ルッコラ、オクラ。




野菜の販売先確保!

vol.27 販売先確保! 10th, Jan, 2012

P1107009_convert_20120113162807.jpg





前回野菜を出荷した時、あるおばさんから声をかけられた。

「今までVYC(私の所属先であるNGOの名称)の野菜は私が販売していたんだよ。green houseから野菜をマーケットまで運搬して、販売するよ。」

と言われ、「OK、MGと相談してからまた来ます。」と言った。

その話をされたのは、年末だったが、MGとは会えて話す機会がなく、今日ようやく会えたので、このことを伝えたら、「OK、話してみよう!」となったので、野菜の収穫をし、MGの友達を呼んで、野菜をマーケットまで運んでもらった。そして、あるおばさんと話し合いをした。そしたら、
「私に任せる場合は、1日$10(約500円)かかるよ。その代り、運搬と販売はやるよ。」
と言った。
前回野菜を販売したときは、green houseからマーケットまでタクシー($5)を使い、出店料$10を支払い、MGが販売をした。そう考えたら、1日$10は悪くない。むしろ、良いねという私とMGの結論に至り、契約しました。

これで、安心して野菜を育てて収穫できる。今までは、野菜を収穫しなきゃいけないのに、大きくなりすぎてるのに、出荷をしたくても、MGが動いてくれなかった。まぁ、これはこれで問題であるのだけれども、MGも他の仕事があるだろうし、野菜販売専属になれないので、今回強い味方ができてよかったです。

さあ、当分は収穫できる野菜があるので、今週は毎日出荷したいと思います。

P1107011_convert_20120113165511.jpg

早速、販売してもらいました。こんな感じで野菜が並べられました。

師匠。

Vol.26 師匠 9th, Jan, 2012

P1097005_convert_20120109165311.jpg



先週から降り続いた雨がようやく落ち着いた。
時々、強風が吹き荒れたので、「サイクロンが来たか!」と思い、トンガ人に聞いたけど、「ただの強い風だよ」との返事。サイクロンが直撃したら、なすすべないんだろうなと思いました。

さて、久しぶりに日中から畑仕事をしました。
午前中、green house内の草刈り。午後は、人参の間引き。ルッコラの間引き。野菜売りの営業へ。

年末年始、そしてlotu week(新年明けの最初の週は毎日、朝と夕方に教会へ行くこと。)ということもあって、本腰入れて作業はしていなかった。トンガ人のペースに合わせていた自分がいた。

突然ですが、あなたには師匠と呼べる人がいますでしょうか?

私にはいます。その人からは有機農業を学び、人生の生き方も学ばせてくれた方です。
私が勝手に師匠と言っているだけですが、師匠と話すときはいつも緊張します。
電話でも、常に背筋を伸ばし、相づちをするときは常に全力で頭を上下に振ります。

その師匠が、先月末に日本から電話をしてくれた。
「調子はどうなんだ?」「近況と問題点を報告せい!」と言い、終わりには「元気そうで安心したよ。」
と言ってくれた電話でした。

師匠から農業研修を受けていたのは7か月間という短い間でしたが、それ以上に多くのことを学ばせてもらいました。協力隊へ参加することが決まり、研修後半からは厳しい言葉をたびたびかけてくれました。一度は、「協力隊の参加を辞退して、研修に残れ!」と言われたこともありました。(それは自分がつまらないミスをして、会員の方に迷惑をかけたため。)しかし、自分は学生時代からの目標であったし、何としてもやりたいことだったので、参加するとの意思を伝えました。そう言ったら、今度は全力でサポートをしてくれました。師匠は、海外での農業指導経験があるので、その経験に基づいたお話を時間をかけて話してくれました。
今思えば、「協力隊を辞退しろ」と言ったのは、自分がどれだけ本気でトンガへ行って農業指導をしたいのか、覚悟があるのか、試されたと思っています。言われたときは、少し迷いました。残ったほうがよいかなと。でも、そこでもう一度なぜ海外で農業指導をしたいのか自分の中で確認ができ、その気持ちは揺るぎないものとなったのを覚えています。

そんな師匠が、日本から気にかけてくれている。
ほんとありがたいことです。

そして、つい3日前、再び師匠からの電話がきた。
自分が挙げた問題点について、アドバイスをくれた。
しかも、それが(問題点の中で挙げた物)必要だったら日本から送ってやる、と言ってくれた。
ほんとありがたいことです。
がんばれると思いました。
恥ずかしい活動はできないと、自分自身に言い聞かせました。

師匠がいつも言っていた、「今を生きるということ。」を再び肝に銘じ、
トンガで有機農業をする者としての「今」を生きていきたいと思います。

研修を出て気づいたことですが、研修中は毎日が「学び」でした。
ありがとうございました。

生長。

Vol.25 生長。6th, Jan, 2012
P1056946_convert_20120106115521.jpg


トマトの種を播いたのが、11月4日。
定植したのが、 12月22日。
そして、昨日、実をつけた。

順調に生長している姿をみると、野菜から元気をもらえる。

あわてなくていいから、ゆっくり大きくなれよ。
収穫する日が楽しみです。

インターネット。

Vol.24 インターネット。 5th, Jan, 2012

3日(火)、我が家にインターネットが開通した!
申し込んでから、約1か月かかりました。行く度に連絡するから待っててと言われ、1週間待っても1度も連絡が来たことがなく、週一ペースで自分が直接お店に行ってました。
まぁ、無事にネットが使えるようになったので、よしとしよう。

それにしても、インターネットってすごいよね。
アンテナ1本立っただけで、世界中の人とつながれる。
これで、世界各地で活動している同期や日本にいる友達と頻繁に連絡取れる!
しばらくはネット三昧になりそうです。

だが、世界とつなげてくれているアンテナがしょぼいこと。大家さんに、「強風が来たら倒れそうだな」と言われてしまうくらい細いポールでアンテナが設置されている。
ババウは昨夜、強風と雨が吹き荒れる天気になった。風が強く吹くたびに、アンテナを確認しに行く自分がいた。
今回は大丈夫だったけど、こりゃサイクロンが直撃したら危ういかもね。
なんとか2年間耐えてくれないかなー
P1066954_convert_20120106120301.jpg

一年の計は元旦にあり。

Vol.23 一年の計は元旦にあり。 1st, Jan, 2012

P1016914_convert_20120106172119.jpg

A happy new year!
みなさま、あけましておめでとうございます。
2012年になりましたね、今年もよろしくおねがいいたします。
このブログについてですが、数人の方たちから、「読みづらい」「真面目過ぎる」「写真が無いからつまらない」等々、苦言をいただきましたので、今年のこのブログの目標としましては、みなさまが見て楽しんでいただけるように改善していきたいと思っております。ただ、内容は真面目にいきたいと思いますので、そこのところはよろしこ。

トンガで初めての年越しを迎えました。日本にいるときは、紅白を見ながら、年越しそばを食べ、「あぁ、今年も終わるなぁ」と感じつつ、ゆく年くる年を見て、初詣に行っておみくじを引いて、一喜一憂し、初日の出を見るまで、ファミレスで友達とあーだこーだ話してから初日の出を見に行くというのが定番でした。
さて、今回は、そばをJICAの企画調査員の方からいただいたので、年越しそばを同期のYすけと食べ、初日の出を見るために、早めの就寝をし、朝5時半頃に近くの山(Hill top hotelがあるところ。)まで、歩いていく。ここから見えるのか分からなかったが、愛犬のタイガといっしょに待っているとだんだんと太陽が昇り始めてきた。それと同時に当たり一面がオレンジ色に染まっていき、まんまるな太陽が姿を現した。見事な初日の出でした。太陽に一礼し、今年もよろしくおねがいしますと拝んで、今回の年越しイベントは終了した。

さて、「一年の計は元旦にあり。」とよく言いますが、私は去年から元旦に「人生の目標」、「今年一年の目標」を掲げて書き出している。今年はさらに、協力隊活動についての目標を掲げた。

人生の目標:「人に勇気を与えられる人間になる。」
これは、自分の生きている姿を見て、「おれもがんばってみようかな」とか、「あいつができるんならおれにもできるだろ」みたいな、少しでも励ましになってほしいとの想いが込められています。

一年の目標:「語学の勉強を毎日続ける。」「ヨガと筋トレをバランスよく続ける。」「日記を書く」
語学の問題は最近切にやらなきゃいかんなと痛感する出来事が続いたので、これは本気で勉強しろとのメッセージなんだなと感じて、本腰を入れてやろうと思います。

ヨガと筋トレは、先週から始めました。ヨガは、2年前にちょこっとヨガ教室に通ってたこともあり、ヨガをやると心身ともにすっきりするので、毎朝欠かさずにやろうと思います。
筋トレは、週3ペースくらいでやろうかな。

日記を書くことは、その日の振り返りにつながるし、ブログ更新にもつながっていくと思うので、書き続けようと思います。

活動目標:「様々な種を播き続ける。」「背中で見せながら、話し合う作戦。」

「種を播き続ける」というのは、実際の野菜の種をまくことだけではなく、「活動という名の種」をまいていこうと思います。

「今までは背中で見せよう作戦」だけでしたが、これからは話し合うことが大切だなと感じたので、「なにをしたいのか?」「なんでやるのか?」じっくり話し合いながら、仲間たちといっしょに野菜作りをしていきたいと思います。

「一年の計は元旦にあり。」
みなさんも、1年の目標は立てましたか?ぜひ共有して、お互い確認し合って、切磋琢磨していきましょ♪

改めまして、今年もよろしくおねがいします。

来客。

Vol.22 来客。 31st, Dec, 2011
今日は、Vavauに遊びに来ていたVavau先輩隊員のお母さんとお姉さん、トンガでそろばん指導をしていて通称「そろばんガールズ」と呼ばれているかわいいガールズ3人がgreen houseに遊びに来てくれた。
みんなとても興味を示してくれて、質問をしてくれ、ひとつひとつ答える、紹介するのにも力が入った。
そして、他の先輩隊員が来てくれることで、活動についての話をし、アドバイスがもらえたりするので、とても励みになる。

日本では、農業離れが進み、後継者問題が深刻化している状況なので、農に携わっている者としては、農の現場を見ることで、少しでも関心を持ってもらえるのでないかとの想いがある。だから、日本人にもぜひ遊びに来て農に触れ合ってほしいと思っています。
Vavauに来た際には、ぜひお立ち寄りください。

遊びに来てくださったみなさん、ありがとうございました♪
ちょっと体を動かしたい方、いつでも来てくださいねー 笑

それでは、みなさんよいお年を。

収穫物続々と。

Vol.21 収穫物続々と。 27th, Dec, 2011

PC256796_convert_20120106121131.jpg

「Kilisimasi fiefia!」(ハッピークリスマス!)
25日はクリスマスで、トンガ人のとある家庭におじゃまさせてもらってトンガ式(faka tonga)のクリスマスを体験してきました。トンガの国教がキリスト教なので、トンガ人にとって、クリスマスは一大イベント。教会へ行き、讃美歌を歌い、お祈りをして、家に帰り、トンガの伝統的料理の「UMU」といわれる蒸焼き料理と、子豚の丸焼き、「OTAIKA」と呼ばれる生魚とココナッツミルクと野菜で和えたものなどのトンガ料理フルコースを食べ、寝て、また夕方になったら教会へ行くというのがスタイル。このスタイルはトンガの日曜日とさほど変わりはない。ひとつ違うのが、ごちそうが出ること。子豚の丸焼きは特別な行事のときに食べるもので、自分たちで飼っている子豚をいただく。
ぼくは、午前中にちょっとしたKAVAパーティーに参加して、教会へ行き、ごちそうをいただいて、家に帰った。
KAVAパーティーと教会へ行くのは、2か月ぶりでババウに来てからは初めて行った。
KAVAパーティーにはその村の偉い人たちと牧師さんが来ていて、小話をした後にKAVAを飲むというのが数回続き、最後は形式的なKAVAの飲み方で締めくくった。前にKAVAを飲んだ時は、なんだこりゃ、まずいとしか感じなかったが今回はなんだかうまいというか飲んでいて気持ちがよかった。次に、教会へ。
教会では、讃美歌があり、牧師さんの説教があり、いつものような感じで過ぎていった。ひとつ違うなと思ったのは、「赤ちゃんの洗礼」があったこと。夫婦と赤ちゃんが前に出て、牧師さんが赤ちゃんを抱いて、何か言葉をかけるというものであった。

そのあと、トンガ人の家庭へおじゃまをして、トンガ料理のごちそうをいただいた。
みんな、「いっぱい食べなさい」と言い、お腹いっぱいだと言うと、「少し休んでからまた食べなさい」と言う。そりゃ、トンガ人は太くなるわと感じながら、自分も限界まで食べ続けた。極めつけは、デザート。アイスとケーキとフルーツの盛り合わせが一人分とは思えない量が目の前に置かれ、いくら別腹とはいえ、いくら甘いもの好きのおれでも、全部は食えなかった。トンガ人恐るべし。。。
そんな感じで、トンガでのクリスマスは過ぎていきました。おじゃまさせてもらったトンガ人ファミリーには感謝です♪

さて、話は畑へ。収穫できるものが増えました。パクチョイに続き、ルッコラと水菜あんどオクラが採れ始めました。年明けには、マーケットで売り出そうと思います。

今は、自分で食べてます。うん、やっぱ、採れたては格別だね!美味しいです♪
PC266808_convert_20120106121835.jpg
プロフィール

faka liosi

Author:faka liosi
LiosiのVesitapoloの世界へようこそ!
青年海外協力隊(平成23年度2次隊)として、トンガ王国・Vavau島で有機農業で野菜を栽培しています。
目標は、循環型農業の実践と野菜を広めることです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。