FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじまり。

26th,Oct,2011 はじまり。

PA290644_convert_20120106171300.jpg


Tongaに来てから約1か月。ついに任地での活動が始まりました。
LiosiのVesitapolo日記いよいよ開幕です。いや、やっと開幕って感じかな。
この1か月は同期隊員との共同生活をしていて日本と環境が変わらないのと、任地の島へ行ってなかったのでTongaに来た実感があまりしていなく、とても長く感じられました。

まぁ、そんな心境の中、実際に任地であるVavau島へ上陸したら、ワクワクとドキドキが入り混じった気持ちになりました。やってやるという強気な自分とおれで大丈夫かという弱気な自分がいる感じ。そして、仕事場であるVYCの事務所兼畑に行き、職場のスタッフと会い、少し具体的な話をしたとき、自分がやっていけるのか緊張感が走ったのを覚えている。そして、2年間住む家に行き、荷物整理がひと段落したところで、買い出しに出かけた。その帰り道にふと思ったのが、おれこの街で知ってる人がいないと思った。その時、無性に「魔女の宅急便」が見たくなった。知らない街でがんばっているキキの姿と自分の姿を重ねたい自分がいた。つい先日に先輩隊員とジブリについての話をしていて、ジブリの中で何が1番好きですか?と聞いたら、今は「魔女宅」かな、この前見て感動して泣いたよと言う。おれもジブリの中で魔女宅は1,2位を争うくらい好きだけど、泣くまではいかないと思っていたが、今日その気持ちが少しわかった気がしました。帰ってから見たけど、まだ泣きはしなかったけどね。そのうち見たら泣くようになるのだろうか。

話は少しそれましたが、仕事は朝9時から開始。事務所まで徒歩15分くらい。
着いてすぐに、耕運機の使い方を教えてくれと言われ、耕運機のところへ行く。今まで使い方が分からず、置いてあった。その耕運機は日本製のもので、かなり使い込んであって、スターターのクラッチとレバーをつなぐところがひもでつながれていたり、ほかのところも傷んでいてボロボロの状態でした。
こんな状態で動くのかと思いつつ、とにかくかけてみるが、なかなかエンジンがかからない。20分くらいCPと試行錯誤するうちにだんだん手応えをつかんできて、かかったときはCPとハイタッチしていました。いやぁ、かかったときはうれしかった!
次にgreen house内の除草をした。ハウス内は草がボーボーの状態で、ブッシュナイフと呼ばれるナイフで草を刈り、それを集めるという作業。その刈った草はcompostに使おうと思い、堆肥舎へ持っていき、積上げておく。そうすることで、自然と醗酵してくれる。その草を鶏糞(にわとりのふん)や他の有機物と混ぜて、堆肥にしようと思う。
次は、11月のPlanについてスタッフ2名とMT。CPが考えてくれたplanに対して、これはどういうこと、何がしたい、自分はこう思うなど意見交換をした。2人とも英語ができるので、英語を使っているが、おれが英語できないので、うまく伝えない時があって歯痒かった。英語をちゃんと勉強しようと思う。でも、organic farmingへの自分の想いは伝わった様子だったので、そこはうれしかった。
12時を回ったがお昼休みというものは無く、昼食もとらず、軽い休憩といった感じ。Tongaではお昼を食べる習慣が無くて、1日2食が基本とのこと。
そして、車でバナナの苗木を取りにVavauの西の方へ行く。
そんな感じで終了。
これからの活動に期待がもてる初日でした。
あしたはレストランを中心に何の野菜がほしいのか、需要調査をしてきます。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

faka liosi

Author:faka liosi
LiosiのVesitapoloの世界へようこそ!
青年海外協力隊(平成23年度2次隊)として、トンガ王国・Vavau島で有機農業で野菜を栽培しています。
目標は、循環型農業の実践と野菜を広めることです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。