FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動かざること山の如し。

Vol.73 動かざること山の如し 16th, Aug、2012

P8148894.jpg

P8148897.jpg


今日は日が陰ることが多かったVava'u。昨日と違い、農作業がとてもはかどりました。
新たなProjectに向けて、Seed bed を4列作り、レタス、パクチョイ、ピーマン、チャイニーズキャベツ、
キャベツの播種。レタスの定植(4列)、人参播種(2列)。
相棒のNiliは、「今日はよい仕事ができた!」と言い、満足できる農作業内容でした。

そんな中、一昨日、所属先にガスが手に入り、料理できる環境が整った。
これは、今年の1月からMGのSitaに言ってたことでした。

もともと、キッチンがあって料理できていたんだけど、ぼくが来た時(2011年10月末)には、ガス台とガスが無い状態でした。
もし、料理できるなら、畑から収穫したトンガではなじみのない野菜を料理して、味見することができたり、料理教室を開いて、調理方法を伝えることができる!と思い、今年の1月にMGのSitaに話して、同意してもらいました。
でも、そこからなかなかMGのSitaは動いてくれませんでした。1月頃は、野菜の売上金が少ないこともあって、資金がないということもあったのでしょう。2月にはスタッフが辞めるということもあって、ガスどころではなかったのでしょう。

それだったら、自分でJICAに申請して、ガスとガス台を買ってしまえばいいと思ったときもありました。
でも、それをしてしまったらいつまで経っても、自立できずに頼ってしまう状態になると思い、この件に関しては、自分からは動かず、プッシュする立場でいようと決めました。

そして、何度も何度も何度も言い続けてきて、やっと6月にはガス台を買おうという話になり、ぼくがTongatapu島へ行く時に買ってVava'uに持って帰ってきました(Tongatapu島の方が物価が安いのです。)
ガス台が手に入っても、ガスがなかなか手に入らず、そして、やっと、今週ガスを買うことができました。
料理できる環境が手に入るまで、7か月かかりました。

時間はかかりすぎたけど、誰にも頼らず、そして、自分たちで手に入れたという自信がついたと思います。
思うというか、そう願いたいです。

「あきらめないで、何度も言い続ける」

今回は、このことを学ばせてもらいました。

料理できる環境を手に入れてからは、毎日お昼をそこで食べています!
肉を買ってきて、畑で野菜を収穫してきて、それらをNiliが料理しています。
ご飯が食べられる環境があるってすてきです。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

faka liosi

Author:faka liosi
LiosiのVesitapoloの世界へようこそ!
青年海外協力隊(平成23年度2次隊)として、トンガ王国・Vavau島で有機農業で野菜を栽培しています。
目標は、循環型農業の実践と野菜を広めることです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。